« 父が来た | トップページ

2006年12月19日 (火)

別れのとき

 父の認知症を腎臓の主治医にもわかってもらうためにも、3月に頭のMRIをとった。そしたら動脈瘤がみつかり、脳外科の先生によると破裂可能性は3%くらいだということだった。手術対象の大きさではあったが、本人の希望もあり、様子見をすることになった。手術をして認知症がよくなるわけではないし、父にとって今の時間が大切という考えに、私も弟も、そして16年お世話になっている父の心臓の主治医の意見が一致していた。

 父が来て、どうも下の娘は心配からか体調を崩すことが多くなった。しっかりした優しいおじいちゃんがボケボケで、そんな姿を孫にさらけださなければいけない状況は父にとってもかわいそうだなとも思っていた。夏休みの間だけでも、母が入所している老健を利用しようとケアマネとも考えていたのだが、6月17日に下血検査のために入院となってしまった。その時は心臓の状態が悪く、また、各内臓も働きが衰えているとのことで、いつ急変するかもしれないと言われ驚いた。そんなに悪い状態だとは思わなかった。それならば心臓の主治医の病院に行けばよかった?そんな思いをした。2週間くらいして状態が落ち着いたのだが、胸部に大動脈瘤があるために腸の検査はできないと判断され、CTなどの検査では悪いところはみつからないので退院して通院して欲しいと病院側は言ってきた。が、この入院で老健の利用話は流れてしまい、父の状態も悪いなりに落ち着いているというだけで、暑くなるときに家に帰るのには大きな不安があったので、療養型病床を探すまで退院を待ってもらうことにした。病院の相談室からはグループホームを薦められ、さっそく施設長さんと打ち合わせをして、退院後の父を入れてくれる話がまとまった。私はこのグループホームがとても気に入り、ここならば父も楽しく過ごせるし、私たちも父と少し距離をおけるので、笑って接していけると楽しい未来を描いていた。契約書にもサインをし、準備が整った。8月1日退院、老健にいる母も交えて昼食をとり、午後2時入所というスケジュールが決まった。

 その電話は、夏の暑さも一息ついた曇り空の7月31日の朝7時過ぎだった。病院から父の容態が急変し、吐血して意識がないという。何?退院できるほど落ち着いていたのではないの?何が起きたの?子どもたちはそれぞれ部活や学校のプール指導がある日だったが、自分たちで用意して行くように頼み、病院へ向かった。通勤渋滞時間にもかかわらず、わりとすんなりと病院についたのだが、病室の父は、、、ずっと心臓マッサージをされていても心電図は横一直線だった。朝6時半ごろに吐血しいる父を看護士が発見後、1時間余り蘇生処置をしていても効果がなく、私の到着を待って、死亡確認となった。

 平成18年7月31日午前7時48分 父 74歳 永眠

 解剖の結果、死因は胸部大動脈瘤破裂ということだった。。。

|

« 父が来た | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145269/13129491

この記事へのトラックバック一覧です: 別れのとき:

» 老人性痴呆症(認知症)について [メディカル・ヒッピー]
呆症(老人性痴呆)は、日本では高齢者の6%程度が該当しており、脳梗塞などによって起こる脳血管性痴呆と、脳の働きが衰えていって痴呆になるアルツハイマー型の2つがあります。 [続きを読む]

受信: 2006年12月20日 (水) 午後 05時54分

» 急性 動脈瘤 石立 鉄男 さん 急死 ☆ 動脈瘤 大動脈 石立 鉄男 さん 急死 [ケンコウ 生活 で 悩み 解決 ☆ ケンコウ 生活 で 健康家族]
石立 鉄男さんが急死というニュースが飛び込んできました。石立 鉄男さんは、「おくさまは18歳」、「パパと呼ばないで」などのテレビドラマで人気を集めていましたね。石立 鉄男さんといえばコレですね。石立 鉄男さんは1日、急性動脈瘤のため静岡県熱海市で死去し...... [続きを読む]

受信: 2007年6月 2日 (土) 午前 09時37分

« 父が来た | トップページ